残った歯を守るための「インプラント治療」

  • ホーム   >    
  • 残った歯を守るための「インプラント治療」

"Implant treatment" that leaves lost teeth and surrounding teeth

失った歯・周りの歯を残していく「インプラント治療」

不幸にして歯を失ってしまった場合、あなたにとって最適な治療とは何でしょうか?
入れ歯やブリッジといった旧来の治療法では、咬み心地に違和感があったり、
隣り合う歯をさらに削らなければならなくなったり…と、
治療後の負担が課題でした。

?

インプラント治療は、「唯一、根っこを増やせる治療」とされ、人工歯根を顎の骨に埋め込むことで、しっかり咬めるようになる比較的新しい治療法です。
インプラントは見た目が自然で、美しい口周りをつくるだけではなく、「しっかりと咬める」といった使用感のよさや違和感のなさで喜ばれています。
みなとみらい おぎはら歯科医院では、「あなたにとって最適な治療とは何か?」に向き合い、相応しい治療方法をご提案させていただきます。

日本口腔インプラント学会認定医によるインプラント治療

日本口腔インプラント学会認定医によるインプラント治療

インプラント治療は、歯を失った部位の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上の人工歯や、特殊な入れ歯で機能を補う治療法です。人工歯根が顎の骨としっかり結合するため、自分の歯に近い咬み心地を実現できます。

?

当院では、日本口腔インプラント学会認定医が治療を行います。日本口腔インプラント学会認定医は、診査・試験を経て、社団法人日本口腔インプラント学会が、インプラント治療における豊富な知識・経験を持つと認めた歯科医師に交付します。インプラントの標準的な診断や治療方法の選択、そして処置ができる歯科医師であることのひとつの指標です。

?

患者様が安心して治療を受けられる環境を整えておりますので、お気軽にご相談ください。

安心してインプラントを受けられるように
ガイデットサージェリーをおすすめしています

ガイデットサージェリーとは、CTデータと口腔内スキャンデーターをコンピューターソフトで分析し、適切な位置、深さに入れるためのガイドを作成し、コンピューター上でシミュレーションすることで、効果的な位置へ安全にインプラントを埋入することができる手術のことです。
なお当院のガイデットサージェリーでは、ストローマンガイドを使用しています。

当院では事前にCT撮影を行い「三次元」で顎の状態を確認します。
治療前にCT撮影を行い、アゴの骨の状態を3Dで確認しています。立体的に状態を把握することで、レントゲン(2D)だけでは得られない、顎の厚みや神経の通り方などを、じっくりと調べることができます。
日本口腔インプラント学会認定医が、より精密で確実に治療を行いますので、安心してご相談ください。

周囲の歯にダメージを与えず
しっかり咬める唯一の治療法

歯が抜けてしまった場合、少ない本数で噛み合わせを支えるのは、当然残った歯に負担が大きくかかってしまいます。噛む力は、その人の体重と同じ程度の力が出ると言われるほど強いものです。
元の歯を削って人工歯を被せるブリッジは、ダミーの歯は入りますが、支える歯の本数自体は変わりません。また入れ歯は、歯茎で力を受けるため、本当の歯に比べると噛み合わせの力の回復が3割程度と考えられています。
インプラントは、歯の代りとして唯一、支台(歯の本数)を増やせる治療であり、周りの残っている歯(残存歯)を残せる治療ともいえるのです。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い
【インプラント】【インプラント】 【入れ歯(保険診療)】【入れ歯(保険診療)】 【ブリッジ】【ブリッジ】
治療内容 顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上の人工歯や入れ歯で機能を補う治療 失った歯の本数に合わせて作製した義歯を、バネなどを利用して機能を補う治療 義歯を被せる際の支えとなる両側の歯を削り、そこに連なった人工歯を被せて機能を補う治療
周りの歯
への影響

ありません。周りの歯に負担をかけません

あります。入れ歯の金具を引っ掛ける歯に力がかかるため、弱ってしまう可能性があります

あります。両隣の健康な歯を削る必要があります

【ブリッジ】【ブリッジ】 治療内容 義歯を被せる際の支えとなる両側の歯を削り、そこに連なった人工歯を被せて機能を補う治療 メリット

あります。入れ歯の金具を引っ掛ける歯に力がかかるため、弱ってしまう可能性があります

【入れ歯(保険診療)】【入れ歯(保険診療)】 治療内容 失った歯の本数に合わせて作製した義歯を、バネなどを利用して機能を補う治療 メリット

あります。両隣の健康な歯を削る必要があります

インプラント治療の流れ

STEP 01カウンセリング
患者様の口腔内の状態を診察して、カウンセリングでお困りのことやご希望などを詳しくお伺いします。そして、インプラント治療についてご説明いたします。
STEP 02術前検査
病歴や健康状態などを問診し、レントゲンや歯科用CTで検査を行います。現状の顎の状態をCTや光学スキャンで分析し、あなたにあった治療法を考えていきます。
STEP 03治療計画・治療方針の立案、ご説明、ご同意
カウンセリングや検査結果などから、患者様に合った治療計画・治療方針を立案し、ご提案いたします。治療内容、期間、費用などを分かりやすくお話しますので、不明点などを遠慮なくご質問ください。インフォームドコンセントにもとづき、ご理解・ご納得いただけるよう丁寧にご説明します。そして、ご提案した治療計画・治療方針にご納得、ご同意いただけましたら治療に移ります。
STEP 04治療(手術から人工歯装着まで)
1:一次手術

一般的なインプラント治療では2回手術を行います。局所麻酔をして、顎の骨に人工歯根を埋め込むのが「一次手術」です。

2:抜糸

一次手術から1~2週間経過してから抜糸して患部も確認します。

3:安静期間

埋め込んだ人工歯根と顎の骨が結合するのを待ちます。期間は、下顎で2~3ヶ月、上顎で3~6ヶ月が一般的です。その間、仮歯を使用することもできます。

4:二次手術

人工歯根に人工歯を被せる支柱を装着するために歯ぐきを切開する手術です。その後、1~6週間ほどの安静期間を置き、歯ぐきが治るのを待ちます。

5:印象採得・人工歯の装着

二次手術の経過が落ち着いたら歯型を採取して、色や形などご希望に合わせて人工歯を作製します。印象採得から2週間ほどで人工歯が届き、人工歯を装着して治療完了です。必要に応じて仮歯を入れる場合があります。

STEP 05メンテナンス
インプラント治療後は、メンテナンスが必要です。毎日のセルフケアとともに、歯周病に似たインプラント周囲炎などのトラブルが起きないように患者さんのお口の状態に合わせてメンテナンスが必要になります。インプラントのまわりを含め口腔内全体をチェックします。インプラントのメンテナンスは保険適用外となります。インプラントのまわりを含め口腔内全体をチェックします。
トップに戻る