詰め物・被せ物(審美歯科)

  • HOME > 
  • 詰め物・被せ物(審美歯科)

審美歯科とは

審美歯科とは審美歯科とは、歯の色や形、歯並びなどを整えて美しく機能的にも健全な口元を作る治療です。むし歯や歯周病の治療のように、歯の健康を取り戻すことを目的とした機能的な側面と、歯の色や形などを美しくする審美的な側面があります。
どれだけ歯の見た目が良くても、しっかり噛めなければ真に美しい口元とは言えません。
みなとみらいシーサイド歯科の審美歯科では、機能的な側面と審美的な側面の両方を追求し、真に美しい口元へと導く治療を行っております。

 

このような方におすすめです

  • 歯の色が気になる方
  • 歯と歯ぐきの境目の黒ずみに悩んでいる方
  • 歯と歯のすき間が気になる方
  • 白い詰め物、被せ物に変更したい方
  • 歯の形を整えたい方
  • 金属アレルギーがある方

天然歯のような自然な
白い歯に「セラミック治療」

天然歯のような自然な白い歯に「セラミック治療」セラミック治療とは、虫歯などで失った歯の一部を補うために、天然歯のような色調と透明感、質感があるセラミック製の詰め物や被せ物で補う手法です。
メリットは見た目だけではなく、金属に比べて、歯と接する縁が精密に作れるため、細菌が侵入しにくいという特長もあります。
虫歯の治療だけでなく、金属で治療した部位をセラミック素材のきれいな人工歯に交換したり、変色したり、欠けている歯を整えたりすることもできます。
「みなとみらいシーサイド歯科」では、一人ひとりの歯の色や形に合わせて、天然歯のように見える白くて美しいセラミック素材の人工歯による治療をいたしますので、お気軽にご相談ください。

セラミック治療の前に

セラミックを使った治療は、保険外診療です。生体親和性が高く、お口の中で安定した素材で、天然歯のような透明感や白さがある人工歯を得られますが、歯科医院によって使用素材や作製方法、費用などが異なります。

セラミック治療が選ばれている理由

セラミック治療が選ばれている理由食べ物を咬んで細かくしてすりつぶすときに、歯には強い力がかかります。また飲食物は、熱い物や冷たい物、そして酸性の物などさまざまですので、お口の中はとても過酷な環境です。保険診療の虫歯治療で使用する金属(銀歯など)は、数種類の金属を混ぜ合わせた合金です。その中の微量金属が経年によりイオン化して溶け出し、それが体内に吸収されると、金属アレルギーの症状があらわれることがあります。
一方、セラミックは白くて美しいうえ変色せず、お口の中で安定していて、有害物質が溶け出さないので金属アレルギーの心配がありません。またセラミックの方が精密に成形できるため、ばい菌が侵入しにくく、被せ物の中でばい菌が繁殖しにくいメリットがあります。

セラミック治療の
メリット・デメリット

メリット

天然歯に近い白さと透明感を持つ

セラミックを使用すると、天然歯に近い白さと透明感を再現できます。

むし歯の再発リスクが低くなる

セラミックは歯との適合性に優れているため、歯との間にすき間ができにくいことが特徴です。歯と被せ物の間のすき間に汚れが溜まりにくいことで、むし歯の再発リスクが低くなります。

変色しにくい

セラミックは吸水しないため、変色しにくい傾向があります。

金属アレルギーが起こらない

セラミックは金属を含まないため、金属アレルギーの方も安心して使用できます。

デメリット

歯を削る量が多い

金属の素材と比べて歯を削る量が多くなる傾向があります。

費用がかかる

保険適用外のため、保険の詰め物・被せ物と比べて費用がかかります。

当院で扱う詰め物・被せ物の種類

 

ジルコニアボンド

ジルコニア製の内冠フレームを使用し、そのうえにセラミックを焼き付けて制作します。すべてセラミック製の素材を使用するので透明感があり自然な歯の色調を再現することが可能です。

ジルコニア

人工ダイヤモンドや人工関節、白いセラミック製包丁やスペースシャトルの外壁などに使用されているとても硬いセラミックの一種がジルコニアです。光の透過性もあり、天然歯のような美しい歯の再現が可能です。生体親和性が高く、また高い強度と耐久性があるので、大きな力がかかるブリッジや奥歯にも使用できます。

e-max(イーマックス)

セラミックの種類の一つで、審美性が高く透明感もあるため、前歯などの治療に使用されます。時間が経っても変色しにくく、金属を使用しないため、歯ぐきへの着色の心配がありません。

メタルボンド

金属のフレームに白いセラミックを焼きつけた被せ物です。セラミックの美しさ(透明感や色調)と金属の強度があるため、奥歯やブリッジの治療に向いています。内部に金属フレームがあるので、透明感や美しさはオールセラミックより劣り、経年により歯ぐきが下がると、歯の根元に金属のラインが見えることがあります。

ゴールド

金による修復のため、セラミックなどのように折れたり割れることがありません。また腐蝕せず、歯と歯の間に隙間があきにくいほか、酸化しないため金属アレルギーが起きる可能性が低いのも特長です。ただし、保険適用外のため料金が高額になりやすく、天然歯のような色を再現することはできません。

 

expand_less
045-228-6133 Web予約はこちら