成長と予防を考える
「小児歯科」

  • ホーム   > 
  • 成長と予防を考える「小児歯科」

"Pediatric dentistry" that protects oral health as children grow up

お子様の成長に合わせてお口の健康を守る「小児歯科」

お子様は心も身体も成長過程にあります。お口のなかでは乳歯が生え、それが成長とともに永久歯に生え替わっていきます。お口は大切な栄養となる食べ物の入り口ですので、歯や歯ぐきの健康は全身の健康をも左右します。「みなとみらい おぎはら歯科医院」では、お子様の成長に合わせて、虫歯に代表されるお口のトラブルを予防するためのさまざまなプログラムをご用意しています。

小児歯科について

小児歯科について

「乳歯は、やがて抜けて永久歯に生え替わるから……」とお子様の虫歯を放っていませんか? それは大切な永久歯の健康をおびやかします。進行した乳歯の虫歯を放置すると、そのあとに生えてくる永久歯のエナメル質の形成不全につながり、弱くなるリスクを負います。また永久歯が生えてくるスペースを確保して、理想的な位置にガイドするという乳歯の役割を果たせず、歯並びが悪くなる可能性も高まってしまうのです。

さらに、歯が痛くて、しっかり咬んだり、食べたりできないと、お口まわりだけでなく全身の成長にも悪影響を与えます。「食べること」は栄養補給のためであることはもちろん、「楽しみ」「生きがい」など心の健康につながることも忘れてはならないでしょう。子どものころから、口腔ケアの意識を高め、健康を保てれば、年齢を重ねても自分の歯をいつまでも健康な状態に保つことにつながるのです。

歯科医院に通うタイミング

歯科医院に通うタイミング

「子どもが虫歯になったら歯科医院に行こう……」と考えていませんか? 実際には歯科医院に行くのは「治療」目的でなくても大丈夫です。早めに診療を受ければ、虫歯の予防につなげられます。お子様を歯科医院に連れて行くタイミングのひとつは、「乳歯が生え始めたころ」です。乳歯は生えたときから虫歯にかかるリスクを負いますので、その時期の口腔ケアのポイントをお伝えします。

乳歯が生えてからのケアも大切ですが、歯が生える前からお伝えできることもたくさんあります。授乳の仕方、抱っこの仕方、離乳食の与え方などお口の健やかな発育をサポートさせていただきます。歯医者にお越しになるのに早すぎるという事はありませんので、お気軽にご来院ください。

みなとみらい おぎはら歯科医院の小児歯科の特長

みなとみらい おぎはら歯科医院の
小児歯科の特長

当院では、お子様が歯医者さんを好きになり、お口のケアを身につけて楽しく通ってもらうことを目的に、お子様との信頼関係の構築を大切にしています。3歳を過ぎると意思の疎通が取れるようになりますので、コミュニケーションをとりながら進めていきます。

また当院では、管理栄養士による栄養指導を行っています。離乳食がなかなか進まない。偏食で困っている。栄養はとれているのか。などお食事に関するお悩みが多くあると思います。歯に関してだけでなく、食生活に関しても専門スタッフによるサポートをできる体制を整えております。

年齢別の取り組み

お子様は心身ともに成長過程にあります。そのため大きく3つの年齢に分けて、予防プログラムをご提供します。それが、0~3歳の「821クラブ」、3~6歳の「キッズデンタルケア」、6~13歳の「予防メニュー」です。

【0~3歳未満】歯医者って楽しい!「821クラブ」

【0~3歳未満】歯医者って楽しい!
「821クラブ」

「歯医者は楽しく通うところ」と思ってもらえるような「ハミガキ教室」です。保育士と一緒に楽しく遊びながら歯みがき習慣を身につけてもらいます。

【3~6歳】一人でできたよ!「キッズデンタルケア」

【3~6歳】一人でできたよ!
「キッズデンタルケア」

しっかりと会話ができ、一人で診療室に入れるようになる時期ですので、「ひとりでできる」という自立心を育みながら、口腔ケアを習慣化してもらえるように担当衛生士が導きます。

【6~13歳】自分で歯を守る「予防メニュー」

【6~13歳】自分で歯を守る
「予防メニュー」

生えたばかり永久歯は歯の質が未熟で、虫歯になりやすい状態になります。かつ小学生になると仕上げ磨きも少しずつ回数が減っていくため、保護者の方はいろいろと心配でしょう。自主的に毎日の歯みがきに取り組み、自分自身でお口の健康管理ができるようアドバイスします。

トップに戻る