子どもの歯並びが気になる
「小児矯正」

  • ホーム   >    
  • 子どもの歯並びが気になる「小児矯正」

Let's arrange the teeth alignment from among the children with an eye on the future "Pediatric correction"

子どものうちから将来を見据えて歯並びを整えましょう「小児矯正」

お子様のお口の中を見てください。歯が斜めに生えてきていませんか?

「みなとみらい おぎはら歯科医院」では、お子様の歯並びを改善する「小児矯正」をご案内しています。
小児矯正を実施する目的は、永久歯の歯列をきれいに整える、その土台作りのためです。
まだ成長段階のうちに、歯がきれいに並ぶように顎を拡げて上下のバランスを整えます。気になることがありましたら、お早めにご相談ください。

お子様の歯並びをきれいにする「小児矯正」

お子様の歯並びをきれいにする
「小児矯正」

お子さんの顎がまだ成長段階のうちに、歯がきれいに整列できるように顎のスペースを確保するのが「小児矯正」の目的です。また、上下の顎のバランスを整えて、お口まわりの健やかな成長を促します。身体がまだ成長段階の時期に行うので、治療効果がでやすいうえ、将来の本格的な矯正治療が比較的かんたんに短期間でできる可能性が高まります。

いつから矯正治療を始めたらいいのでしょうか?

いつから矯正治療を始めたら
いいのでしょうか?

お子様のお口の状態は一人ひとり異なるため、治療のタイミングもお子様によって変わります。しかし、一つの目安になるのが、前歯が生え替わった時期がひとつのタイミングです。そのタイミングを逃さないように、6~7歳あたりの「小学生になったタイミング」でのご来院をおすすめします。ほかにも「受け口」のような咬み合わせは、さらに早い段階の3歳ごろに取り外し可能なマウスピースを使って顎の位置を正しく誘導することもあります。

一般的に、小児矯正は「Ⅰ期治療」と「Ⅱ期治療」に大きく分けられます。「Ⅰ期治療」は混合歯列期のおもに6~9歳くらいで行い、「Ⅱ期治療」は小学校高学年以上のおもに12~14歳くらいに行う永久歯の歯列を整える治療です。「Ⅰ期治療」だけですむ場合もありますが、「Ⅰ期治療」を経て「Ⅱ期治療」を行うと、抜歯をしなければならなくなるリスクを低く抑えられます。歯並びによっては「Ⅱ期治療」だけ行うケースもあります。

子どもが矯正治療するメリットは?

子どもが矯正治療するメリットは?

7~9歳ごろは、顎の成長を利用できるので、小さな力で歯列をコントロールしやすいのが大きなメリットです。また、子どもの骨はまだやわらかいため、歯を動かしやすく、弱い負荷での調整が可能で、痛みも少なく済むと言われています。さらに歯が並ぶスペースを確保できれば、将来的に永久歯を抜歯してスペースをつくるリスクを抑えられます。また、大人とくらべて子どもは適応能力が高いので、矯正装置に早く慣れるうえ、歯や歯ぐき、そしてお口まわりの筋肉も正しい歯並びや咬み合わせに対応しやすいのもメリットです。

乳歯の虫歯は将来の歯並びにも影響します

乳歯の虫歯は将来の歯並びにも影響します

乳歯には、次に生えてくる大切な永久歯の位置をガイドする役割もありますので、乳歯が虫歯によって削れて小さくなったり、早い時期に失ったりすると、その役割が果たせずに、永久歯が理想的な位置に生えてこなくなることがあります。毎日の口腔ケアで、乳歯のうちから虫歯をしっかり予防しましょう。

マウスピース(インビザライン・ファースト)を用いた矯正治療

当院の矯正治療メニュー

マウスピース(インビザライン・ファースト)を用いた矯正治療

透明で目立ちにくいマウスピース型矯正装置(インビザライン・ファースト)での治療で、歯列を拡大しながら同時に前歯を排列します。取り外しが可能なので、普段の食生活のまま、スポーツなどの運動も普段通り行っていただけます。歯ブラシやフロスも行う事ができるため、虫歯のリスクも低い矯正治療法です。

  • Ⅰ期治療 ¥498,000(税込¥547,800)
Ⅱ期治療とインビザラインファーストについて
  • 矯正診断説明後、インビザライン・ファーストでの治療を選択された場合、処方書(治療計画)の作製をアライン社に依頼します。
    処方書(治療計画)の作製後に治療をキャンセルする場合はキャンセル料が発生します。
    (キャンセル料 ¥20,000(税込¥22,000))
  • 治療代は、作製された処方書(治療計画)を元に再度説明、確認をし同意いただければアライナーの発注を行いますので、そのタイミングで治療費をお支払い頂きます。
  • Ⅱ期治療は通常¥800,000(税込¥880,000)ですがインビザライン・ファーストから移行する場合(フェーズ2パッケージ)は¥500,000(税込¥550,000)の追加費用で移行できます。

(フェーズ2パッケージ…インビザファーストを行った方のみに適用。ファースト初回出荷から10年以内に適用。)

床矯正

床矯正

歯が整列するスペースが足りない顎に起こりがちな歯並びの乱れを改善します。顎の成長発達に合わせて、取り外し可能な装置で内側から顎の拡大を促します。

マルチブラケット矯正

マルチブラケット矯正

歯の表面にブラケットと呼ばれる小さな部品を貼り、そこへワイヤーを通して負荷をかけ、歯を正しい位置に導きます。子どもの矯正治療では、床矯正と組み合わせる場合もあります。

反対咬合用矯正装置(ムーシールド)

反対咬合用矯正装置(ムーシールド)

就寝時にのみ、透明なマウスピースを装着してもらう「受け口改善」の装置です。3歳ごろから使える矯正装置になります。

口腔筋機能療法 MFT(マイオブレース)

口腔筋機能療法 MFT(マイオブレース)

MFT(口腔筋機能療法)とは、歯列を取りまく口腔周囲筋の機能を改善する訓練法です。口唇や頬、舌により歯列に常に力が加わっているため、普段から口が開いていたり、舌癖、飲み込み方の癖により余分な力が加わると歯並びに影響を与える事があります。お口周りの筋肉の機能を改善する事により、歯並びの正常な形態を維持する環境づくりを目標に舌や嚥下のトレーニングをしていきます。それに加え、マイオブレースを使用することで正しい舌の位置や口唇や舌の過度な力をガードするような装置を装着し、乱れた歯並びの根本の原因から改善を導く方法です。

トップに戻る